知っているようで知らないご葬儀マナー

花の葬儀や花の葬式など花祭壇で送るフラワー葬の千葉の葬儀社ふらわぁセレモニー縁がお送りする知っているようであまり知らないご葬儀・お葬式のちょっとしたマナー


Warning: fopen(../menu3.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/2/yukariinc/web/yukari/manner/manner_b03.php on line 28

Warning: fpassthru() expects parameter 1 to be resource, bool given in /home/users/2/yukariinc/web/yukari/manner/manner_b03.php on line 29
知っておきたい葬儀のマナーあれこれ
葬儀のマナー<その14>
家族葬? 一般葬?
お葬式に来てほしくないと言うと、なにかよほど仲が悪いとか因縁がありそうに聞こえますが、そうではありません。

代表的な例は家族葬。家族だけでゆっくり見送りたいと家族葬を選んだのに、訃報を近所や会社に伝えたために思いがけない一般の弔問客が来てしまった、というのが家族葬で失敗する時の一番多いパターンです。こうなるとご遺族はお客様の接応で思ったような送り方ができなくなるのはもちろん、お客様を迎える準備もしていませんのでご弔問のお客様に対しても大変失礼なことになります。

そこで、まずは誰に来ていただきたいかを考えましょう。ご葬儀マナーその7で取り上げたように後日お悔やみを申し上げる方法はいろいろありますが、直接故人にお別れを言えるのはお葬式が最後です。友人やお世話になった恩師など、仮にしばらく交流が途絶えていたとしてもお葬式には出たいのが人情。そういった方々にもお別れしていただきたいと思ったら、一般葬で準備します。

ここでポイント! 家族であっても本人の交友関係をすべて把握しているとは限りません。家族が迷わないためにも、来てほしい人に漏れがないようにするためにも、できれば元気なうちに本人が連絡すべき人をリストアップしておきましょう。

逆に、本当に家族・親族だけで式がしたい場合には、ご葬儀が終わるまで家族(と菩提寺・所属教会などの宗教者)以外には知らせないようにします。今は携帯やメールであっという間に情報が拡散しますので、知らせる相手はくれぐれも慎重に選びましょう。

Warning: fopen(../menu11.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/2/yukariinc/web/yukari/manner/manner_b03.php on line 57

Warning: fpassthru() expects parameter 1 to be resource, bool given in /home/users/2/yukariinc/web/yukari/manner/manner_b03.php on line 58

Warning: fopen(../menu22.php): failed to open stream: No such file or directory in /home/users/2/yukariinc/web/yukari/manner/manner_b03.php on line 65

Warning: fpassthru() expects parameter 1 to be resource, bool given in /home/users/2/yukariinc/web/yukari/manner/manner_b03.php on line 66