葬儀・葬式・直葬・家族葬・無宗教葬など葬儀・葬式にまつわる雑学や豆知識など、微に入り細をうがつアドバイス集

供物・供花

供物(くもつ)は故人に供する品物をいいます。

仏式の場合、果物、缶詰、酒、線香、干菓子などが一般的ですが、生ものは避けましょう。

供花(きょうか)は故人に供するお花をいいます。

供花には生花と花輪がありますが、飾る場所の関係で花輪は敬遠される傾向にあります。

葬儀の準備段階で供物や供花を受け取るか辞退するか、また受け取る場合にはその方法を決めておきましょう。

式場により祭壇の両脇に生花を飾る広さのないこともありますし、逆にある程度の生花がないと寂しい葬儀に感じることもありましょう。

また生花で祭壇をつくる場合、白木祭壇と同じように両脇に供花を飾ることもあれば、頂戴する供花料を祭壇費用の一部として使い、芳名板にてそのお名前をお知らせするというケースもあります。

送る側からすると「香典」「供花」「供物」は同じ意味合いがあります。しかしながらどれかひとつしか送ってはいけないということはなく、「香典」と「供花」あるいは「供花」と「供物」を合わせて送ることもあります。送る側はスペースや方針の問題があるので、お送りする前に葬家に確認しましょう。