葬儀・葬式・直葬・家族葬・無宗教葬など葬儀・葬式にまつわる雑学や豆知識など、微に入り細をうがつアドバイス集

遺影写真

故人の遺影用の写真を用意します。

選ぶときのポイントは正面向きのもの、ないしは身体は斜めでも顔や表情がカメラを見ているものがいいでしょう。

できるだけ実際の年齢に近いものの方がよいのでしょうが、闘病生活が長くかなり痩せているような場合、高齢の場合などは最晩年よりも元気だった頃の写真のほうがよいかもしれません。

また故人らしい写真、ということで、四角四面の写真よりも多少ラフな写真のほうがよいかもしれません。故人の性格により決められたらよいでしょう。

写真の大きさ、というか故人の顔のサイズはなるべく大きいものを選んでください。顔のサイズが小さいとかなりピントが合っているものでも引き伸ばすとぼやけてしまいます。

現在は写真の取り込みや修正技術が向上していますので、多少の元の写真の悪さは葬儀社でカバーし、修正してくれます。

しかしながら祭壇によってはこれまでの主流である四つ切写真ではなく、後ろから光をあてる電飾写真や大型ビデオスクリーンに映すようなこともありますので、オリジナル写真はなるべくはっきりと、またきっちり写っている写真を選びましょう。

状況によっては紙焼き写真ではなくデジタルデータのほうがよい場合もあるでしょう。