葬儀・葬式・直葬・家族葬・無宗教葬など葬儀・葬式にまつわる雑学や豆知識など、微に入り細をうがつアドバイス集

現金の準備

葬儀は規模の大小にかかわらず故人の死亡のときから忌明けまで、いろいろな場面で現金が必要になってきます。

また、葬儀社、宗教者、式場などに支払う費用は見積もりの段階である程度判明しますが、数十万円から何百万円までの費用がかかり、しかも支払期限はその場、もしくは数日~1週間以内の場合が殆どです。

葬儀のときだけではなく準備期間中にも家人の食事、弔問客のおもてなし、お手伝いいただく方々への謝礼など、思いもかけず細かい金額の出費が重なります。

実際には故人の死亡届を届け出た瞬間に本人の銀行口座が凍結される、ということはないでしょうが、いづれにせよまとまった金額の現金が必要になります。

ですので、まだ危篤状態にあるときに、病院支払いを含めてある程度のまとまった金額を引き出されておくことをお薦めします。

ちなみに、日本消費者協会による第9回「葬儀についてのアンケート調査」報告書(平成22年11月)では、葬儀の費用を(1)葬儀一式費用(126.7万円)、(2)通夜からの飲食接待費(45.5万円)、(3)寺院の費用(51.4万円)の3区分とし、葬儀費用合計額の全国平均を199.9万円と発表しています。