葬儀・葬式・直葬・家族葬・無宗教葬など葬儀・葬式にまつわる雑学や豆知識など、微に入り細をうがつアドバイス集

葬儀打ち合わせの準備

葬儀社と葬儀についての打ち合わせをする前に準備しなければならないもの、準備しなければならない事項などがいくつかあります。

<準備しなければならないもの>

(1) 故人に関する個人情報(戸籍に記載された姓名、生年月日。戸籍に記載された本籍地住所。住民票に記載された現住所)

(2) 印鑑(三文判)

(3) 写真(遺影用)

(4) 家紋を表示する場合の家紋の名称

<準備しなければならない事柄>

(1) 葬儀の形
仏式・神式・キリスト教式・無宗教。仏式の場合は宗派(真言宗・天台宗・日蓮宗・曹洞宗・浄土宗・浄土真宗など)。

(2) 会葬の人数
家族葬か一般葬か。一般葬の場合のおおよその人数。

(3) 喪主

葬儀は、その形態と会葬の人数に大きく左右されます。まずやりたい葬儀のアウトラインを葬儀社に伝え、その費用の見積を取ります。それが自分の想定と大きくずれる場合は、葬儀の形式、内容、会葬人数などを変えてもよいでしょう。しかしながら、会葬人数は予想値ですから現実と大きくかけ離れることもありえます。人数を抑えたい場合にはそれなりの方策をとる必要があるかもしれません。