葬儀・葬式・直葬・家族葬・無宗教葬など葬儀・葬式にまつわる雑学や豆知識など、微に入り細をうがつアドバイス集

末期の水の儀

末期の水の儀は、仏典『長阿含経』に末期を悟った仏陀が弟子の阿難に「口が乾いたので水を持ってきて欲しい」と頼んだとあり、これがその由来とされています。

故に末期の水の儀は臨終の間際に行われるのが本来の形ですが、現在は病院で息を引き取ることが多く、死後に行われるようになっています。

末期の水はまず、新しい筆か箸の先に脱脂綿やガーゼを巻いて糸で縛り、それを水に浸し、家族や兄弟姉妹など縁の深い近親者が順番に亡くなった人の唇につけてゆきます。

死水をとる順序は、最初に喪主、そして血縁の近い順とされていますが、一般的に、配偶者、子、故人の両親、兄弟姉妹、子の配偶者、孫の順となります。

仏教では、あの世に行くと食事をしたり水を飲むことができなくなると考えられており、そのため、死に際して水を取らせて冥土に送り出すとの思いが込められており、この世に残る者たちとの最後の別れの儀式となっていました。