葬儀・葬式・直葬・家族葬・無宗教葬など葬儀・葬式にまつわる雑学や豆知識など、微に入り細をうがつアドバイス集

枕飾りと枕経

故人の枕元には枕飾りを配置します。

仏式では経机の上に白い香炉、ろうそく立て、花立てを置き、一膳飯、枕団子、お水を用意します。なお、一膳飯や枕団子は死出の旅の食料とされていますが、死出の旅を説かない浄土真宗では用いられません。

神式では枕屏風を立て、その前に白木の小机を置きます。白木の小机には神酒、水、洗米、塩、榊を飾ります。

菩提寺が近くにありお呼びできるときは、僧侶に枕経をお願いし、故人の冥福を祈ります。

枕経は、本来死んでゆく人が不安にならない様にとその枕元で死をみとりながらお経あげることでしたが、現在では死後すぐに行われる儀式の一つとして、死者に初めて経を聞かせるという意味があります。