葬儀・葬式・直葬・家族葬・無宗教葬など葬儀・葬式にまつわる雑学や豆知識など、微に入り細をうがつアドバイス集

危篤の際に

医師から病人の危篤状態を告げられたときは、速やかに関係者に連絡をとります。その順番は家族や近親者を最優先とし、次いで病人が会いたがっていた人や病人に会わせたい人などをお呼びします。

この危篤連絡は時間に関係なく、たとえそれが早朝や深夜であっても電話連絡をしてください。その際には、用件だけを要領よく伝えることが大事です。

伝える内容は、危篤者の氏名、病院名や病室番号など危篤者のいる場所とその電話番号、来て欲しい時間、などです。

連絡が伝言になる場合は病人名や病院名などを復唱してもらうとより安心できるでしょう。ただし、お呼びする方が高齢者だったり病気静養中の場合は、来ていただくかどうかはそのご家族の判断に任せましょう。