葬儀・葬式・直葬・家族葬・無宗教葬など葬儀・葬式にまつわる雑学や豆知識など、微に入り細をうがつアドバイス集

病院での逝去

現在では病院で亡くなられる方が殆どでしょう(厚生労働省人口動態統計では死亡者の7割が病院での死亡となっています)。

医師による死亡確認そして「○時○分ご臨終です」の宣告により一人の人間の死が確認されます。

この宣告の後、死後の処置が施されます。多くは看護師の手により遺体の処置が行われます。ガーゼや脱脂綿にアルコールをしみ込ませ、きれいに拭き清め、耳・鼻・口・肛門などに脱脂綿を詰め、体内からの流出物を止めます。また、両手を胸の上で合わせた形にしたり、目や口を閉じた状態にします。

あるいは簡単な死化粧をします。髪に櫛を入れて整え、男性はひげを剃り、女性には薄化粧するなどの処置をします。

遺体はこの後、病院の霊安室に移され帰宅を待ちます。