お通夜と告別式、どちらに参列?|知っているようであまり知らないご葬儀・お葬式のちょっとしたマナーや豆知識を伝授いたします

知っておきたい葬儀のマナーあれこれ

葬儀のマナー<その16>
エンディングノートのススメ
最後は「できれば元気なうちに本人が連絡すべき人をリストアップする」具体的な手順を考えてみます!

友人知人の連絡先をまとめて整理するというと、まずは年賀状でしょうか。一年に一回更新されるので、いざ連絡するとき宛先不明!ということも比較的少ないハズ。また、ご家族にもわかりやすい情報源です。ただし、電話番号が載っているとは限らないのが残念なところ。年末に改めて連絡先と電話番号をチェックするのもひとつの方法です。

そして、オススメはエンディングノート。遺言ノートとも呼び、最近は本屋さんでもいろんな種類が並んでいます。

各社独自性を打ち出すために内容も様々。実際手に取って自分に合いそうなものを選べればよいのですが、難しければなるべくページ数の少ない、薄いものを選びましょう。(ちなみに、弊社ではまだやっておりませんが、葬儀社によっては事前相談会などでエンディングノートを無料でくれるところがあります! 内容的には十分です)

エンディングノートを手に入れたら、他の項目はさておき(笑)さっそく連絡先のリストアップを!(他、最低限埋めておきたいのが資産や保険などお金にかかわる欄です)また、ご家族や信頼できる人に、ノートの存在と保管場所を教えておくことも忘れずに。できれば内容についても話し合えるとベストです。

ホームごあいさつ葬儀費用って?お花の葬儀プラン紹介
葬祭のマナー式場案内お問い合わせ免責事項個人情報の保護会社案内推奨サイト
フラワー一般葬フラワー家族葬フラワー直葬祭壇・用品ゆかり倶楽部