お通夜と告別式、どちらに参列?|知っているようであまり知らないご葬儀・お葬式のちょっとしたマナーや豆知識を伝授いたします

知っておきたい葬儀のマナーあれこれ

葬儀のマナー<その2>
こんなケース、参列する? しない?
注意したいのは、最近増えている家族葬などごく身内だけで行うお葬式です。一般会葬者が想定されていない場合もあり、弔問に行くとかえってご遺族を慌てさせることに。このケースは普通、通夜・告別式の日程が伏せられています。無理に参列せず、お香典だけ郵送したり、後日お会いしたときにお悔やみを伝えるのがスマートです。

そもそも参列した方がいいのかそれとも遠慮するべきか悩むのが「兄の奥さんのお祖母さん(兄にとって義祖母)」とか「友人のお父さん(直接の面識がない)」のような、少し遠い関係の場合でしょうか。

遠戚関係の場合には(ご家族ごとの事情にもよりますが)夫婦揃っての参列でなくても大丈夫、誰か一人が家の代表として出席します。また、参列には故人への哀悼を示す以外に、遺族への心遣いという意味合いもあります。

面識がなくても、お父さんを亡くした友人を励ましたいと思ったら参列してまったく問題ありません。ご不幸の時は、親しい人の顔を見るだけで助けられます。

ホームごあいさつ葬儀費用って?お花の葬儀プラン紹介
葬祭のマナー式場案内お問い合わせ免責事項個人情報の保護会社案内推奨サイト
フラワー一般葬フラワー家族葬フラワー直葬祭壇・用品ゆかり倶楽部