葬儀・葬式・直葬・家族葬・無宗教葬など葬儀・葬式にまつわる雑学や豆知識など、微に入り細をうがつアドバイス集

服装の用意

男性の喪主の正式喪服で、洋装は黒のモーニングに黒のネクタイです。また和服の場合は黒羽二重の染抜き五つ紋付きに羽織袴で、慶事と同じ装いです。

しかしながら現在では葬儀・告別式でも正式喪服を着用する人は殆どいなくなりました。

通夜には喪主や遺族も正式喪服ではなく、略式にします。男性は黒のスーツに白のワイシャツ、黒のネクタイと黒の靴下です。和装は少なくなってきましたが、黒っぽい無地の小紋の着物に、一つ紋か三つ紋の羽織、袴をつけます。

女性の場合は黒無地のワンピースまたはツーピース。和装なら黒無地か地味な無地のものにします。

この略式喪服で葬儀・告別式に臨む方が殆どです。

学生は、男女ともに制服が喪服となります。なければ黒または地味な服装(グレーなど)に、腕章を右腕に巻くか胸に喪章かリボンをつけます。靴は黒、靴下も黒か白いものを使用します。

また真夏には、男子なら白のシャツに黒ズボンと黒靴、女子なら白のブラウスに黒のスカート、黒靴がよいでしょう。

葬儀の間はこの略式喪服で臨みますので、あらかじめ洋服ダンスから出すなど、準備をしましょう。喪服のない場合は、葬儀社に依頼して喪服をレンタルしてください。