葬儀・葬式・直葬・家族葬・無宗教葬など葬儀・葬式にまつわる雑学や豆知識など、微に入り細をうがつアドバイス集

葬儀の日程

葬儀日程の決定にはさまざまな要素が絡んできます。

まずは、法律上、臨終から24時間以内の火葬は禁じられています。

宗教葬で一番大事なのは僧侶、神職など宗教者の都合です。創価学会の友人葬では儀典長と呼ばれる学会会員の方の都合を聞かねばなりません。

また、親戚縁者が遠隔地にいてお呼びする場合は、その方々の交通に要する時間も考慮に入れる必要があります。

古来、友引という語感から友引の日の葬儀を嫌う人が多かったため、今でも友引に火葬をしない火葬場が殆どです。友引に火葬できないということは、友引の前の日の通夜、友引の葬儀告別式ができないということです。こうした日程も避けなければなりません。

あるいは火葬をするには市役所、区役所、町役場などで死亡診断書とともに死亡届を提出し、火葬許可書の交付を受けねばなりませんが、故人の戸籍住所が不明な場合でも空欄とすることはできません。週日ならば役所で検索することも可能ですが、土日の場合はお手上げです。

斎場や葬儀式場で葬儀式を行う場合は、当然ですが、その空き状況により日程が変わってきます。特に正月の三が日は休館のことが多いのでこの時期は混み合い、日程が長くあくことが考えられます。