葬儀・葬式・直葬・家族葬・無宗教葬など葬儀・葬式にまつわる雑学や豆知識など、微に入り細をうがつアドバイス集

葬儀の形

喪主が決まったら、どのような葬儀にするのかを考えてください。

故人の「自分の葬儀はこのように執り行って欲しい」といったような希望のあった場合は、それがとっぴな要望でない限り、その希望に沿った葬儀が望ましいでしょう。

ただ先祖代々の菩提寺があって、故人もそのお寺のお墓に入るような場合は、本人や家族の意思だけでは決められないことがありますので、ご注意ください。

宗教が仏教であった場合、どの宗派かを調べます。代表的なところでは真言宗、天台宗、日蓮宗、曹洞宗、臨済宗、浄土宗、浄土真宗などがあります。また宗派によっては豊山派、智山派などと更に分かれている場合もあります。

仏教以外にも神道、キリスト教などもありますし、こうした宗教色を排除して無宗教でやりたいということもあるかと思います。

あるいは家族は仏教徒でも一人だけ洗礼を受けている、ということがあるかもしれません。そうした宗教葬、無宗教葬という形は故人の信仰、信念にもとづくことですので、十分な配慮が必要です。

また、近年では散骨(海洋葬、樹木葬、空中葬、宇宙葬など)も認められておりますし、お墓の形態も従来の墓地における墓石形式だけでなく、室内墓、屋内霊園、合祀墓などさまざまな形での納骨ができるようになりました。葬儀も、そうした納骨までを考えて決めることが必要かもしれません。

最後に、菩提寺がない場合は、葬儀社に相談すれば特殊な宗派でなければそれぞれの寺社を紹介していただけます。