葬儀・葬式・直葬・家族葬・無宗教葬など葬儀・葬式にまつわる雑学や豆知識など、微に入り細をうがつアドバイス集

喪主

戦前は喪主は家督を継ぐ者という意味合いが大きく、夫が亡くなっても配偶者ではなく長男が喪主を努めました。

現在では家督を継承する者が喪主を務めるといった習慣は薄れており、喪主は遺族の代表といった意味合いが大きくなっています。

夫婦のどちらかが亡くなった場合は遺された配偶者、配偶者がいない場合は、長男・長女の順が多いでしょう。

施主は葬儀の金銭的な負担や運営の責任者となりますが、特に大きな葬儀でもない限り喪主と施主は同じ人が努めることが一般的です。時に喪主が高齢者の場合は、その子供が施主になることもあります。

配偶者がいないときは、常に長男が喪主になるとは限りません。故人を長年お世話してきたのが長女だったような場合、長女が喪主になってもおかしくありません。