葬儀・葬式・直葬・家族葬・無宗教葬など葬儀・葬式にまつわる雑学や豆知識など、微に入り細をうがつアドバイス集

葬儀社への依頼

葬儀社への葬儀の依頼は早い段階であればあるほど費用が抑えられます。

もしそれがお亡くなりになる前の段階、つまり事前相談だと、相談する側は冷静に状況を見ることができますし、依頼される側は葬儀を確実にしたいがためにさまざまなサービスを申し出ることが多くあります。

また、葬儀の最初の段階=故人の搬送のとき=に依頼をすると、搬送料を葬儀費用に組み込んでいる葬儀社が多いのでその分出費を抑えることが可能ですし、搬送に棺が必要な場合も意に反した棺を選ばなくてもすむでしょう。

このように早い段階での依頼は無駄な費用を抑えることができるのですが、依頼相手のことがまるでわからずに依頼するのは逆に無謀のそしりを受けることともなりますし、後悔の元ともなります。

よい葬儀社を選ぶには普段からの情報収集が大事ですが、いざとなったら近隣で葬儀をなさった方からその葬儀社の評判を聞くこともできますし、地域の役所や病院等で知ることもできます。

葬儀費用は大きくは次のような項目からなります。
(1) 葬儀施行費用
(2) 追加発注費用(供花・供物・マイクロバス・貸衣裳など)
(3) 料理・飲み物等の飲食費
(4) 会葬者への返礼品
(5) 式場使用料・控室料・火葬料・心付け
(6) 宗教者への御礼(読経料・戒名料・御車代・御膳料など)

葬儀社は上記すべての手配をし、またその多くの費用を受け取りますので、しっかりとした葬儀社を選ぶことが大切です。葬儀社の質によりつまらない葬儀にも感動の葬儀にもなるのです。